モンゴル製のシャルトスって、こんな多種多様な効果を持っているの?

 

何百年前から、大自然や家畜に恵まれ、自然災害に対応しながら暮らしてきた遊牧民が、祖先から後代への継続させた知恵とはもっと豊富で、技術力が発達した現在でも連続的に使われています。

 

様々な知恵があるが、その中で食べ物として使う乳製品のひとつである「シャルトス」について紹介します。黄色い油という意味で、しぼったミルクを中火で沸騰後はウルムと呼ばれるクリームが出来上がります。

 

それを再びに弱火で加熱するとシャルトスが出来上がる。ビタミンА, Е, D, Кが含めているシャルトスが人体に健康効果を与えるのがわかりました。

 

モンゴル伝統的な医学の経典に記入されているシャルトスの効果については、「毎日食事に使えれば、心臓をサポート、肺真菌症を防ぐ、髪の毛をなめらかでつやつや、顔を美しくすることをはじめ、暑さにも寒さにも強くて元気にする」とも書いてある。

 

現在の医学調査によると、毎日食べると、その成分に含めているフェノール系酸化防止剤が免疫力を高め、上記のビタミンが視力回復、血管の老化や骨粗しょう症、性ホルモン減少予防によいとされました。

 

50歳の方は、一日1回、ティースプーンの大きさでお茶(お湯)などに入れて飲んでいれば認知症予防の効果であることも判明した。

非発行性なので、冷蔵庫に入れなくてもいいから、何らの健康問題を引き起こすことなく、通常的に使用することができる。

 

最近は、コーヒーに入れて飲んでいる人が増えているそうです。