モンゴルゲルとそのマナ

 

  羊毛からつくるフェルトでできているモンゴルゲルは、2500~3000 年前、モンゴル草原に住んでいた狩猟民族や遊牧民族によりできたという。

 

時代の変化とともに更新され、現代はもっとも快適で便利になってきた。

季節ごとに草が豊富な場所へ移動するために作った家屋で、分解や組み立てるのに簡単です。

 

 

ゲルの内部もしっかりとつくられ、席はちゃんと決まっている。例えば、左側が調理場と妻の空間、右側が訪問客、北側がご主人と得意な客席として使われている。

 

 

その他、訪問客としてのしてはいけないことも多い。

例を挙げると、

入り口の段差には踏んだり、腰をかけたりしてはいけない。

段差は外からの災難から守ってくれる聖なる壁ですので。

 

 

入るとき絶対に右足を先に!

左足ならは、訪問客ではなく、貸したお金を返してもらおうとした貸し手が入ったという意味になってしまうので。

 

 

2本の柱の間に入ったり、ものをとったり、貰ったりしてはいけません。

夫婦の間に入っているような意味になってしまうので。

 

その柱を抱くようにするのは、大変失礼なことで、その意味は、抱いた者は一生で、柱のように、重たい梁と屋根などを支えるような役割がもつことになるという良くない意味があります。

 

 

 

 

遊牧民のしきたりとは、住んでいる家屋や飼っている家畜に深い関係を持っていて、独特のものだともいえるでしょう。