産後のママの乳房の痛みが30分以内に治癒できる?

 

産後のママにプレゼントをあげるのはどこでも一緒です。

特に、モンゴルの場合はどうでしょうか。

産後の女性の家には手ぶらで行くのは大変失礼なことになってしまう。

これは当たり前のことですが、ここにはモンゴル人しか納得できない異文化ともいえるその常識について紹介します。

モンゴル人女性が出産後は、親戚や友人、同僚や同級生から出産祝いの言葉を聞きたくて、楽しみにしています。

彼らも赤ちゃんをみに、出産祝いを持って、家に尋ねてきてくれるのはとてもうれしいことです。

ただし、不思議なことは、出産祝いで絶対に来てくれるはずの親しい人がなかなか来なかった場合は、結局おっぱいが硬くなり、痛くなってしまうのは奇態なことで、赤ちゃんに飲ませるのに大変。

理由を簡単に説明すると、彼女の一番親しい人が知っているのに、全然来てくれなかったことにがっかりしたり、さらに少し傷つけられたりして、乳房に来るということです。

これが、モンゴル人の立場からは通常のことですが、日本人にとっては不思議なものどころか、あり得ないことかも。

この痛みの医学的な療法は未だないが、あの親しい人が来てくれ、ひたすらその出産祝いものにより30分以内に治癒されるという。

 

 

モンゴル旅のまど ご希望価格でモンゴルを体験でき、達成感を感じる